ブルースバース&山本恵理 from New York 1ピアノ with 4ハンズ スペシャルデュオ

ニューヨークのピアニスト二人が一台のピアノを4ハンズで演奏

duo , solo を織り交ぜて、スタンダードを中心にお届けいたします。

 

 

■ブルースバース&山本恵理 from New York 1ピアノ with 4ハンズ スペシャルデュオ

 

 

・2019年8月27日(火)

 AMANE RESORT SEIKAI 1F Sweet Basil

 OPEN 18:00  START 18:30

 Buffet 18:30 ~

  1st stage 19:30 ~ (40min)

   2nd stage 20:20 ~(40min)

 

\6,000(ビュッフェ・フリードリンク付き)

 

ブルース・バース   http://www.brucebarth.com

カリフォルニア出身、ニューヨーク在住。

ジャズピアニスト、コンポーザー、バンドリーダーとして、25年以上ジャズシーンの第一線で活躍している。

今までに125枚のCDレコーディングに参加。自己のリーダーアルバムは、ニューヨークの歴史的ジャズクラブ、

ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音を始め、15作品をリリース。2010年に発表した、

スティーヴ・ウィルソンとのデュオアルバム“ホーム”は、ダウンビート・マガジンの同年のベストレコーディングに選ばれる。

 

アメリカ、ヨーロッパ、日本を始め、世界中でツアーを行い、メジャーなジャズフェスティバルにも出演。

自己のグループでの演奏のみならず、スタンリー・テューレンティーン、フレディー・ハバード、ブランフォード・マルサリス、

テレンス・ブランチャード、トム・ハレル等ビッグネームとも多数共演。

また、教育者としてもマスタークラス等を世界中で行っている。現在、コロンビア大学、テンプル大学でも教鞭をとる。

 

山本恵理 http://www.eriyamamoto.com

ピアニスト/コンポーザー

大阪府出身、ニューヨーク在住。3歳よりピアノを始め、8歳から独学で作曲を始める。

1995年大学院在学中、ニューヨークでトミー・フラナガンの演奏に感銘を受け、ジャズに傾倒。

同年、ニューヨークに渡る。2016年秋には、リーダーアルバムとしては10枚目となるlifeをリリース。

その独創的なサウンド、楽曲はアメリカ国内外でも評価が高い。

ASCAP(アメリカ作曲家協会)からは、2006年から連続で作曲賞を受賞。

2000年からは、グリニッジヴィレッジに位置する歴史あるジャズクラブ“Arthur’s Tavern”に、自己のトリオでレギュラー出演。

アメリカ国内、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカ、日本にてメジャーなジャズフェスティバルにも出演。

ツアーも精力的に行っている。演奏活動に加えアメリカ、日本、ヨーロッパ、アフリカ、ジャマイカ等でジャズワークショップ、マスタークラスも積極的に行っている。

2 / 212